冷え性の苦しみから抜け出しましょう!

冷え性まるわかりガイド

そもそも冷え性とは何なのか?

特に女性に多い悩みとして、「冷え性」があります。最近では男性でも冷え性が増えてきているようで、冷え性に悩む総人口はかなりの数に上ることが予想できます。さて、この冷え性ですが、そもそもどういった症状のものを指すのでしょうか。

基本的に、冷え性とは手足など四肢の末端が冷え切ってしまうという症状のことです。人によっては、四肢以外にも体の中心が冷えるという方も居り、症状の現れ方には個人差が見られます。冬場などの寒い時期に冷え性に悩む方は増えますが、寒い季節以外にも冷え性の症状を催す方もいます。例えば、少しクーラーが効いている程度の部屋でも冷え性の症状を催す方もいますし、猛暑の中外出し、汗をかいているにもかかわらず冷え性だという方もいます。このように、気温によって引き起こされることが多いものの、気温が関係ないというケースも散見されます。

冷え性とは、主に血行障害によって引き起こされると考えられています。血流が盛んな場合であれば、体も体温を発生しやすく、循環も早いので熱が失われにくいです。血行が悪い場合には、熱の発生効率が悪く、また熱も逃げやすくなります。手足で冷え性が起きやすいのは、末端部は血行が滞りやすいためです。夏場であっても冷え性になったり、体の芯の方も冷えやすいという方は、血行がかなり悪い可能性があります。

冷え性は病気?

冷え性の扱いについてですが、冷え性とは病気なのでしょうか。基本的に、冷え性は病気ではなく体の状態と考えて良いものとなります。前述の通り、冷え性は単なる血行障害の賜物であるケースがほとんどで、疾患というには理由付けが無さすぎます。ですから、血行が悪い状態という認識で問題ありません。

ただ、東洋医学だと病気と位置付けられています。冷え性は血行障害で様々な病気のもととなり、また、体温低下による抵抗力低下が示唆されています。血行障害が起きている時点で、健康といえば違うので、日々のケアによって血行を改善していく必要はあるといえます。


PS.冷え性はさまざまな身体の不調の原因になります。身体の不調と冷えの関係については、以下のサイトをご覧ください。

冷え性まるわかり

ホーム サイトマップ